会長田中のナポリタンレポートVol.04 2016年4月分


毎月恒例、会長田中がナポリタンに触れているさまを。今回は4月分です。

IMG_0406

①川崎・JR鹿島田駅そばの「ブラッスリーほっぺ」のよくばりベーコンナポリタン

横浜が誇る東洋一のサウンドマシーン・クレイジーケンバンドのファンの新たな聖地。日本ナポリタン学会が最初に認定店とした「都筑亭」の「びっくりベーコンナポリタン」のインスパイア。通常の具材に通常に刻んだベーコンが入っている上にこのよくばりなベーコンがデーンと乗っているところが特筆すべき点。いや、まだある!生クリームも入る濃厚なソースはまるでビスクのようなコクのある味わい。誰も見ていなければ……誰も見ていないならば、お皿をペロペロとなめていただろう、そのくらい美味いソースです。それもそのはず、マスターは六本木の有名フレンチなど各所でシェフとして長く渡り歩き、自分の味を見つけ出してきた方。

洋食屋のナポリタンはひとコクもふたコクもある。この定説は、間違っていませんでした。

IMG_0407

②「ブラッスリーほっぺ」マスター大森シェフと会長田中

豪快に見える人ほど繊細な仕事をします。このギャップに惚れ込みました。

IMG_0467

③日本ナポリタン学会南区認定店舗「ぱぁらー泉」のポラタ

何度となくいただいているポラタ。ナポリタンと呼ばないの?なんでポラタなの?というそんな疑問は置いといて、ときどき無性に食べたくなるポラタ。横浜市南区民としても、今のところ南区唯一の認定店舗のナポリタンを応援しています。

この日は某媒体の取材対応でもありました。詳細は追ってお知らせ致します。

IMG_0455

④VマークVALUE PLUSのナポリタン

某スーパーで90円とは!

IMG_0458

⑤④を調理。

「あえるだけ」となっていましたが、麺と一緒にしっかり炒めました。トマトソースベースでケチャップは入っておらず、肉系具材もないので軽い印象。

IMG_0456

⑥マ・マートマトの果肉たっぷりのナポリタン

こちらは某スーパーで198円。⑤の倍額、さてお味は?

IMG_0460

⑦⑥を調理。

こちらも「あえるだけ」となっていましたが、やはりこちらも炒めました。敢えて焦げ目もつけて。こちらもトマトソースベースでケチャップは入っておらず、肉系具材もないので軽い感じ。ただし、マッシュルームが入っていることで安心感。ナポリタンにとって、マッシュルームとは一種の清涼剤なのかも。

IMG_0457

⑧S&B予約でいっぱいの店のラ・ベットラ流ナポリタン

こちらも某スーパーで⑦と同額だったが、こちらの方が各段に高級感を感じます。

IMG_0462

⑨⑧を調理。こちらももちろん炒めました。トマトケチャップが入っている、ベーコンが入っている、バターやチーズも入っている、というナポリタンな要素が十分に詰まっている印象。

IMG_0463

⑩ペッパーとパセリ入りチーズトッピングを忘れていました……。

さらに華やかになりました。粗びきペッパーは会長田中も推奨しています。

IMG_0512

⑪横須賀・芦名の「サフラン」でスパゲッティ・ナポリタン

鉄板ナポリタン。目玉焼きが嬉しいですね。トマトピューレベースのソースは甘めです。

IMG_0514

⑫「サフラン」店舗外観

夜に国道134号線をクルージングして暗闇にぽっと浮かぶドライブイン的な趣き。広いパーキングでフロントからドンと乗り付けてお店に行くのが粋な気がしました。

IMG_0518

⑬大手町「リトル小岩井」でナポリタン大盛り

大手町の名店。東京駅で仕事するたびに立ち寄ってしまいます。

以上、また次回をお楽しみに!

Posted in ナポリタン物語, ナポリタン研究所, 活動報告
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930